動いている人や動物、乗り物などをカメラで撮影した時に、ピンボケや手ぶれ写真になってしまうことがある。

そんなピンボケ写真をAIでとても鮮明に補正できるソフト(アプリ)をご紹介し、さらに実際に手ぶれした写真で補正を行った体験レビューも掲載しています。



スポンサードリンク

AIが自動でピンボケ補正してくれる『PhotoDirector 365』

ピンボケ補正や手ぶれ補正などでソフト(アプリ)を探して見つけたのが、『PhotoDirector 365』である。

他のソフトも試してみたけど、このソフトは写真編集ソフトとしても使えるし、AIによるピンボケ補正が一番良かった。

フリーソフトでも使えるが、画像を保存するとPhotoDirectorの透かしロゴが右下に表示されてしまう。

有料にアップグレードすることで、透かしロゴの表示はされなくなり快適に使えるようになる。

大切な写真を編集したいのであれば、アップグレード版をおすすめします。

『PhotoDirector 365』には、Windows版とMac版の2つが用意されている。

■Windows版

■Mac版

『PhotoDirector 365』には無料体験版もあるので試してみたい方は、公式をチェック!
https://jp.cyberlink.com/products/photodirector-photo-editing-software-365/features_ja_JP.html(ダウンロード・インストール版)


さらに、『PhotoDirector 365』には、アプリ版も用意されています。

ピンボケ補正があるかは不明ですが、使いやすいソフトだと感じたら、スマホやタブレットでも写真編集を楽しめますよ。

■PhotoDirector(写真加工&画像編集アプリ)

Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cyberlink.photodirector&hl=ja&gl=US

App Store – Apple(日本)
https://apps.apple.com/jp/app/photodirector-%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%8A%A0%E5%B7%A5-%E8%83%8C%E6%99%AF%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id907366587


PC版のインストールには、かなり時間がかかるので気長に待ちましょう。

PCでもソフトのことをアプリと呼ぶ方もいるので、ソフト(アプリ)と記載してあることをご了承ください。

『PhotoDirector 365』でピンボケ写真をAIで補正してみた

リスのピンボケ写真をAIで補正してみますね。

まず、『PhotoDirector 365』にピンボケ写真を取り込みます。

ファイル>読み込み>画像またはフォルダーをクリックして、

補正したい写真をダブルクリック、または「開く」をクリックして取り込みます。

画像がライブラリーに追加されましたとメッセージが表示されます。

「OK」をクリックして、次へ進んでください。

ピンボケ写真の補正前と補正後の比較をしたいので、二画面に設定します。

「ガイド編集」>補正&除去>手ぶれ補正の順にクリックします。

下の「適用」ボタンをクリックして、シャープな画像(クリアなディテール)を表示します。の下に「適用」ボタンがあるので、クリックしてください。

「処理しています…しばらくお待ちください」と表示されますので、ピンボケ補正が完了するまで待ちます。

補正時間は、PCのスペックや写真の容量によっては、4~5分くらいかかります。

ピンボケ補正が完了しました。

補正が強すぎる場合には、左側にスライダーがあるので強度レベルを調整してください。

編集した写真をPCに保存するには、「書き出し」をクリック。

無料体験版の場合には、保存した写真にPhotoDirectorの透かしロゴが表示されます。

非表示にしたい場合には、『PhotoDirector 365』にアップグレードしてください。

無料版で問題ない方は、「サインインしてロゴ透かし付きで書き出し」をクリック。

メンバーでない場合には、「クイック登録」をクリック。

メールアドレスと、『PhotoDirector 365』専用のパスワードを決めて、同意にチェックを入れて、「今すぐ登録」をクリック。

CyberLinkから、メールが送られてきますので、メンバーアカウント認証をしてください。

認証が完了しましたら、ソフトで「書き出し」が可能になります。※ソフトを終了しなくても問題ありません。

画像の書き出し設定も可能です。

「書き出し」をクリックしてPCに保存してください。

ピンボケだったリスの写真がAIによって見事に補正されました。



スポンサードリンク

ピンボケ写真の補正前と補正後の比較

上の写真が、ピンボケ補正前の写真で、下が補正後の写真になります。

ブレていたのが、はっきりとした写真になりましたね。

拡大してみました。※切り取りしただけでしたw

明らかに良くなりました。

凄くブレている写真も『PhotoDirector 365』でAI補正してみた

凄いブレブレのアライグマ写真を『PhotoDirector 365』のAI手ぶれ補正でどうなるか試してみます。

これは無理だろうと思っていたのですが。。。

同じように、「ガイド編集」>補正&除去>手ぶれ補正の順にクリックします。

左が補正前、右が補正後の写真です。

では、書き出してみます。

凄いブレていたアライグマの写真がここまで補正されました。

目のあたりや耳まではっきりとした写真になりましたね。

AIの手ぶれ補正に感動しました。

『PhotoScape X』でシャープネスを強くしてピンボケ補正してみた

シャープネスを強くすることで、軽いピンボケであれば補正できるらしいので試してみました。

使用するソフトは、私がいつも愛用している『PhotoScape X』です。

Windows版『PhotoScape X』
Mac版『PhotoScape X』

まず、「シャープ」をクリック。

まず、「シャープ」をクリック。

次に、「プリセット」>「7」をクリックにして、

「適用」をクリック。

後は、シャープネスを強くした写真をPCに保存。

『PhotoScape X』は、無料版でも十分に使えるソフトで動作も軽いのでおすすめですよ。

左がシャープネス補正前の写真で、右がシャープネス補正後の写真になります。

シャープネスを強くするだけでも、若干ですが見やすくなりますね。

ちょっとしたピンボケであれば、シャープネスのみでも補正できそうですね。



スポンサードリンク

【AI】ピンボケ補正ソフト(アプリ)が凄かったのでレビューについては以上になります。