手稲区にある大正8年創業の藤の湯(ふじのゆ)銭湯、主浴槽がかなり熱いのが特徴で、札幌市内では珍しくなった昔ながらの番台式銭湯も歴史を感じさせます。

ここでは、『藤の湯』の入浴料金、営業時間、銭湯の場所、口コミなどをご紹介しています。



スポンサードリンク

『藤の湯』の銭湯料金・営業時間

大人(12才~中学生以上)450円
中人(6才以上12才未満の小学生)140円
小人(6才未満)70円

■営業時間:14:35~22:00

■定休日:月曜日

■設備

・45度以上はあるであろう主浴槽の高温風呂
(薪(古材パレット)を利用して焚いています。)

・湿式サウナ

・水風呂

・超音波風呂

・気泡風呂(バイブラ)

『藤の湯』の歴史

大正8年(1919年)創業100年以上の歴史ある『藤の湯』は、

明治7年(1874年)に温泉が出たことで「藤の湯温泉」として営業していた。

この温泉施設を買い取ったのが、現在の『藤の湯』オーナーの先祖である1代目。

しかし買い取った時には、温泉は出なくなっていた。

そこで始めたのが銭湯『藤の湯』。

現在は3代目がオーナーとなり営んでいます。



スポンサードリンク

銭湯『藤の湯』の口コミ・感想

お出かけ銭湯「うさと主人♨️」
今夜は札幌・手稲駅から5分ほどの藤の湯さんに。驚いたのは浴室ドアが自動ドア。玄関ドアは手動なのに。そして湯船が激熱。ここのお客さまはこの温度に耐えてるのか…と思ったらあとからきた常連さんも飛び上がっていたから一安心。ゆっくりしましたー♨️ pic.twitter.com/jAuAmekwEQ

— 温泉うさぎ (@PonpokoUsagi) August 16, 2019

北海道・札幌市【藤の湯】
見た目は普通?のレトロな銭湯。何気なく入ったら…ガツンとやられました。
①水風呂がチベタスギ😱水風呂選手権があったら3位以内に入るかも⁈ 地下水だそう。
②広い方の湯がアッチッチスギ🤩入れた足を引っ込めた。
③浴室のドアが自動😅
14:35〜22:00 月休 手稲駅近く。 pic.twitter.com/rEEqfYlDqh

— 水風呂たまらん😱 (@mizuburotamaran) September 28, 2018

手稲区本町にある「藤の湯」に行って来た。

昭和50年代の私がよく知っている「ザ・銭湯」…脱衣場の大きな鏡、籐の籠、目盛り付きの体重計。
蛇口が水とお湯で分かれてて、ケロリンの桶に緑の椅子。
プレハブの高い天井、広告入りの四角い鏡。

タイムトラベルしたみたいな空間。 pic.twitter.com/eJjJMW8PUi

— 水月雪兎=ふゆを (@soranodebone) April 14, 2020

前行きそびれた手稲の藤の湯。感想は一言。主浴槽あっっっっっっっっちいいいいいいいいーーーーーーー!!!!!!!!!あまりの熱さに立ったまま身体を沈めるか悩んでいたら、お姉様2人組に心配されて加水されました。でも何故だろう…延々と水風呂とリピート止まらない…#さつよく#藤の湯#銭湯 pic.twitter.com/japteNyK2O

— 瑠羽 (@ru_kamiduki) March 11, 2020

日曜日のもう一軒、手稲区の藤の湯
(手稲本通2条2)
番台式
主要な通りに面した番台式の銭湯は珍しい。
さつよく有数の熱い主浴槽が特徴。
第一日曜日で、薬湯はレモングラス。ハーブティに浸かっているかのようで、癒された。
1巡目の28
2巡目の11
今回28店舗目、サイクリング23km#ゆらり~札幌 pic.twitter.com/Q27Xn6cZPP

— インディNewVer~札幌の信州人~ (@indy_shinshu) June 13, 2020

暑い風呂に浸かりたくてやってきたのは手稲区 藤の湯

年配の客が「今日のサウナは熱すぎる」と、文句を言っていた…

主浴槽の湯温も45度のピリッと暑い湯でした

あちらこちら設備が傷んでいるのは否めないが、丁寧に清掃していて気持ちよく入浴できた

末永く営業してほい pic.twitter.com/FsYvkbnlCq

— masa (@s_masamasa055) October 1, 2020

『藤の湯』の場所、アクセス、駐車場

■住所:〒006-0022 札幌市手稲区手稲本町2条2丁目2-15

■電話番号:011-681-3217

・ストリートビュー

■銭湯『藤の湯』までの
アクセスはルート検索が便利です。

手稲駅から約500m、徒歩で7分から8分の距離です。

■無料駐車場:あり

収容台数は4台程度です。

まとめ

『藤の湯』は熱いお風呂が好きな人におすすめの銭湯です。



スポンサードリンク

『藤の湯』熱い主浴槽が特徴の番台式銭湯(口コミ・感想)については以上になります。