札幌市東区の銭湯『喜多の湯(きたのゆ)』の特徴、お風呂に入って来た方の口コミ・感想などをご紹介しています。



スポンサードリンク

札幌『喜多の湯』の入浴料金・営業時間

大人(12才~中学生以上)450円
中人(6才以上12才未満の小学生)140円
小人(6才未満)70円

■営業時間:15:00〜21:00

■定休日:金曜日、第3・第4火曜日

シャンプー、ボディーソープ(石鹸)等は各自持参してください。

札幌『喜多の湯』銭湯の特徴

札幌『喜多の湯』の銭湯には、主浴槽、超音波風呂、バイブラ風呂、打たせ湯、水風呂、ボディシャワー、遠赤外線ガスサウナがあります。

主浴槽の温度は約44℃くらいの熱めの湯で、長湯ではなくさっと入る方が疲れが取れる感じがする。

他の浴槽は丁度良い温度で気持ち良く入れます。

熱い主浴槽に水を入れるのは、言われることもあるので、熱くて入れない場合には他の浴槽に入ることをおすすめします。

他の浴槽は適温よりちょい温めの日もありますが、主浴槽の熱い湯を好んで入りたい常連客もいますので。

フロント式の普通の銭湯ですが、サウナ、ボディシャワー、水風呂、熱いお風呂があるので、温冷浴を求めている銭湯好きな人に良いですね。


札幌『喜多の湯』は、昭和42年(1967年)創業、現在、初代が営んでいます。



スポンサードリンク

札幌『喜多の湯』銭湯の口コミ・感想

札幌『喜多の湯』銭湯の場所、アクセス、駐車場

■住所:北海道札幌市東区北44条東7丁目3-16

■電話番号:011-753-5559

・ストリートビュー

■札幌『喜多の湯』までの
アクセスはルート検索が便利です。

東8丁目篠路通、北日本自動車共販(車屋さん)の近くに銭湯があります。

東8丁目篠路通沿いに「ゆ」の看板がありますので目印にしてください。

■駐車場

無料駐車場があります。

収容台数は4~5台ほど。

まとめ

札幌『喜多の湯』は主浴槽の温度が熱く、熱い湯船や丁度良い温度の湯船に入れる銭湯です。



スポンサードリンク

札幌『喜多の湯』銭湯の特徴&口コミ・感想については以上になります。