小樽天狗山は冬期間の間は自動車で天狗山の頂上までは行けないのですが、

通行止めが解除されて、小樽の昼間の風景や夜景を見に多くの人々が訪れていました。

3月に行った時は、道路も封鎖されていて雪がもっさりありましたので、冬期間は除雪もしていないようです。

そして2回目に行った日「4月19日」には、バリケードが開いておりましたので、4月中旬頃から下旬頃には自動車や自転車で天狗山の頂上まで行けることが分かりました。

今回は、明るいうちに小樽天狗山へ行ってきたので、小樽市内の風景も撮影してきました。



スポンサードリンク

夜景も撮影したのですが、ロープウェイや施設の営業はしていなかったので屋上展望台には行けずに、かなり奥まで一人で行って撮影してたのですが、小樽天狗山で「熊」が出没したという看板を見てからビビッタし、暗くなると真っ暗になってしまい、今回はビビりながらの撮影で上手く撮れませんでした。笑

春スキーもできそうな小樽天狗山の頂上

冬期間は小樽天狗山ロープウェイ・スキー場として営業しており、下からリフトやロープウェイに乗って上まで行けます。

駐車場付近も冬の間はスキーやスノーボードのコースですので、車で行くことは不可能ですよ。

スキー場の雪がまだ沢山残っているので、スノーボードをしてるカップルもいました。

地元の人なのかな。下まで滑って行ったけど。笑

積雪もあるので、春スキーも楽しめそうですね。

リフトは止まっていた。

小樽天狗山「大曲展望台付近」で熊出没の注意看板に驚いた

小樽天狗山ロープウェイ・スキー場のコースを歩いて上まで登っていたら、

注意!!の看板が、、、

「熊が出ています」

まじで?

令和元年10月25日に大曲展望台付近で熊が出没したとのこと。

この看板を見てしまったことで、夜景撮影に集中できなかったのは事実です。

小樽天狗山ロープウェイ運休と施設も営業してなかった

駐車場から小樽天狗山の頂上(ロープウェイや施設のある場所)まで除雪されているのですが、山だけあって積雪が凄いですね。

ロープウェイが動いていないのか?

小樽天狗山ロープウェイは運休していた。

施設も営業していないので、屋上展望台にも行けず。

夏期の営業は4月25日より開始だそうです。



スポンサードリンク

4月下旬頃に小樽天狗山の頂上から風景と夜景を撮影

小樽天狗山の蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)です。

「天狗桜」と呼ばれていて、満開に開花するとハートの型になります。

小樽天狗山の桜、小樽市内の風景と桜を一緒に撮れるスポット

屋上展望台からは撮影できなかったのですが、雪があるので高さもあってか夏とは違う写真を撮ることができます。

小樽天狗山での夜景撮影は、今回で2回目です。

撮影して分かったこと、真っ暗になってからの撮影よりも、暗くなる頃に撮影した夜景のほうが素敵だったこと。

縦の写真も良いですね^^

屋上展望台よりも奥まで行って撮影した写真です。上の縦の写真もそうだと思いますが、おすすめの撮影スポットを見つけてしまいました。

でも雪の上からの撮影だったから、夏場は崖だったりして。

私の他にも人が居たら、この場所でずっと撮影していたんだけどなぁ。

小樽天狗山からの夜景撮影も難しいですね。

望遠レンズで建物を高画質で撮影するとかには興味はないんですが、小樽市内全体を撮影したいけど構図が難しいです。

まとめ

小樽天狗山の山頂まで冬期間は行けないことを3月頃に行って分かっていたのですが、通行止め解除がいつになるのかを調べないで行ったけど、雪解けが始まり道路の舗装も見えてくると車で山頂まで行けることを知りました。

車で来るお客さんも多かったですし、小樽天狗山は大人気ですね^^



スポンサードリンク

小樽天狗山、冬期間の通行止め解除され車で訪れる人も多かったについては以上になります。