スーパームーン(満月)と重なる珍しい「皆既月食」が約24年ぶりに日本で見られるとのことで、札幌のモエレ沼公園にて撮影してきました。



スポンサードリンク

モエレ沼公園で「皆既月食」は雲に隠れて見れなかった

2021年5月2日(水)、19:05分頃、スーパームーン(満月)が南東の方角に現れました。

雲に隠れていたのか、下の方が見えない状態でした。

その後、雲に隠れたり出てきたりを繰り返し、肝心の「皆既月食」の時間帯(20:09~20:28頃)には、見ることはできませんでした。

月の写真を鮮明に撮影したかったのですが、フルサイズカメラに300mmのレンズでは月が遠すぎました。

元、F1専属のプロカメラマンの方も趣味で月を撮影に来ていましたが、機材も素晴らしかった。

若いお兄さんも600mmにテレコンを装着して、超望遠レンズで月を撮影していました。

ファインダーを覗かせてもらったのですが、超綺麗に月が見えたので、「うぉースゲー!」と叫んでしまいました。

月を撮影するのは、今回が初めてと言っていましたが、素敵なスーパームーンを撮影できたでしょうね^^

私も、月の撮影は今回が2回目で、前回撮影した時は、APS-Cセンサーの一眼レフデジタルカメラでしたので、なんとか撮れていたことを思い出しました。

「皆既月食」後の写真は撮れていた

撮影場所は、モエレ山の中腹付近でしたが、下山して地上から月を撮影しました。

すると、

スーパームーン(満月)が地球の影に覆われた後(太陽と地球と月が一直線に並んだ後)の、徐々に月が現れてくる写真を偶然撮影していました。(撮影時間:21:03分)


モエレ山の中腹で撮影していた時は、人も多かったし、私の独り言も多かった。

ちょっと浮いていた。草

100人以上はいたような。

旭山記念公園で月を撮影するか迷ったけど、混雑していたでしょうね。



次回、月を撮影する機会がありましたら、望遠レンズを買ってからにします。

久しぶりに、カメラ初心者になってしまった。



スポンサードリンク

モエレ沼公園でスーパームーン(満月)&皆既月食を撮影しましたについては以上になります。