毎年開催される豊平川花火大会ですが、今年は花火大会の写真撮影をしようと思いまして、豊平川花火大会おすすめの写真撮影スポットはどこがいいのかな?ってのをまとめてみました。

豊平川花火大会の写真撮影する場所は、無料から有料とありますが、私が行って撮影したいと思った場所は無料スポットです。

写真撮影しましたら、このページにてご紹介しますので、お楽しみに!

そういや、2019年の豊平川花火大会はいつやるんだ?


■道新・UHB花火大会の日程

開催日:2019年7月26日(金)

時間:19:40~20:30

小雨は中止とならず荒天時は2019年8月2日(金)に順延

※順延日も荒天の場合には中止となる。

打ち上げ数:約4000発

打ち上げ時間:50分

もうすぐでしょ!


それでは、豊平川花火大会おすすめの写真撮影スポットをご紹介します。



スポンサードリンク

道新・UHB花火大会(豊平川花火大会)の打ち上げ場所

道新・UHB花火大会の打ち上げ場所は「札幌市中央区南13条西1丁目付近」とのこと。

道新・UHB花火大会の花火を見るメイン会場は河川敷なんですが、凄く混むらしく、人混みが苦手な私には無理です。

写真はこちら↓

ね!凄い人でしょ!

写真撮影する場所を探すのも大変ですよね!


そこで、豊平川花火大会の写真撮影スポットを探すのです。

道新・UHB花火大会の打ち上げ場所から、

どれくらい距離が離れているのかも調べてみますね。

中島公園

住所:〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1

打ち上げ場所から約500m、徒歩6~7分の距離です。

ルート検索結果

中島公園は、豊平川花火大会の打ち上げ場所からそんなに離れていないですし、花火の音も聞こえてくるとのこと。

中島公園のボート営業もしているので、ボートに乗って花火も見れます。

私は、中島公園で花火大会の写真撮影をしようかな。

豊平館と花火を撮影したいですね^^

橋の上から花火撮影

道新・UHB花火大会(豊平川花火大会)を橋の上から撮影するのも良いですね。

豊平川花火大会の花火を撮影できそうな橋を3つご紹介します。

※写真はどの橋で花火を撮影したのかはわかりません。

【幌平橋】

住所:〒062-0921 北海道札幌市中央区南16条西1丁目1

打ち上げ場所から約600m、徒歩7~8分の距離です。

ルート検索結果

花火全体を撮影するなら幌平橋はおすすめスポットみたいです。

【南7条大橋】

住所:〒060-0057 北海道札幌市中央区南7条東2丁目
南7条・米里通

打ち上げ場所から約1.1km、徒歩13~14分の距離です。

ルート検索結果

南7条大橋で豊平川花火大会の花火を撮影した写真を見ましたが、この橋も花火全体を撮影できるスポットです。

打ち上げ場所から距離はありますが問題ないと思います。

【南二十二条大橋】

住所:〒064-0921 北海道札幌市中央区1 道道453号線

打ち上げ場所から約1.7km、徒歩20~21分の距離です。

ルート検索結果

南二十二条大橋は、打ち上げ場所から少し距離がありますね。

花火と風景を一緒に撮影するのに良いかもしれませんね。

あと、橋の上の混雑状況を見て決めるので、この場所も忘れずに覚えておきます。

夜景と一緒に花火撮影

道新・UHB花火大会(豊平川花火大会)を夜景と一緒に写真撮影するのも素敵ですね。

ここからは無料と有料の写真撮影スポットになります。

【旭山記念公園】

住所:〒064-0943 北海道札幌市中央区界川4丁目1

打ち上げ場所から約4.4km、徒歩57分の距離です。

ルート検索結果

旭山記念公園から豊平川花火大会の花火を撮影した動画を見つけました。

距離もありますので、花火を大きく撮影したい場合には望遠レンズが必要ですね。

道新・UHB花火大会の開催日には、旭山音楽祭も毎年開催されます。

旭山記念公園はデートスポットでもあるので、おすすめですよ^^

旭山記念公園の夜景写真、見どころ・アクセス・デートにも!

【藻岩山】

札幌 もいわ山ロープウェイ
住所:〒005-0041 北海道札幌市南区藻岩山

打ち上げ場所から約6.1km、徒歩1時間44分の距離です。

ルート検索結果

有料になりますが、藻岩山ロープウェイに乗って山頂へ行き、豊平川花火大会を見る人もいます。

ここも良いですね^^

「日本新三大夜景」の一つでもある藻岩山の夜景と豊平川花火大会の花火を一緒に撮影できるのは年に一回。

花火を撮影するには少し距離はありますけど、望遠レンズがあれば問題ないでしょう。

私はズームしないで、花火と夜景を一緒に撮影したいですね。

藻岩山の山頂からの夜景は、札幌で一番綺麗なのでおすすめですよ^^

あと、

藻岩山の夜景は、彼女とデートで行くのにもおすすめスポットなんで。ぜひ^^

豊平川花火大会の写真 2019年「中島公園」

2019年豊平川花火大会の花火写真撮影は中島公園の「豊平館」にて撮影しました。

天候は小雨でしたので中止にはなりませんでした。

中島公園の「豊平館」では、カメラのレンズを上に向けての撮影になりますので、雨がレンズに付着し写真にも写ってしまいました。

生まれてから2回目の花火撮影です。

なまら下手くそですがご覧になってくださいね^^

この写真はレンズに雨が付着し写真にも写っていたのを消しました(※すべて消していません。)

RAWも保存できる設定で花火大会を撮影したので、写真を加工すれば「豊平館」も明るくできますが、JPEG撮って出しのままです。

F値はF8、シャッターは「バルブ」

リモートレリーズ撮影でしたので、シャッターを押し続ける時間によって明るさも変わります。

暗い写真は数秒しか押していない写真だと思います。

使用カメラ:ニコンD300


最後の写真はスターマインだと思うのですが、撮影が難しいです。

風あって良かった^^

まとめ

中島公園の「豊平館」から場所を移動し途中から歩き始めたのですが、近くへ行けば行くほど建物が邪魔で花火全体を撮影することが出来ませんでした。歩いただけで撮影もしていません。

結構な距離を歩いたので最初から最後まで、

豊平川花火大会を見ることができなかったのが残念です。

中島公園の「豊平館」で豊平川花火大会を撮影すると決めたら移動しないほうが良いと思います。


また、雨の日は、橋の上から豊平川花火大会を撮影したほうが、カメラのレンズを上に向けることもそこまでしないと思うので、雨の水滴も付かないと思います。

来年は橋の上から撮影したいな^^


それでは、撮影した写真をお楽しみに!



スポンサードリンク

【豊平川花火大会】おすすめの写真撮影スポットと撮影した写真のご紹介については以上になります。