三里塚神社(さんりづかじんじゃ)へ参拝に行ってきました。三里塚神社は北海道札幌市清田区美しが丘1条9丁目2番1号に鎮座する神社です。

国道36号線沿いに大鳥居があり、鳥居をくぐり数百メートル行くと、突き当りに三里塚神社があります。

行き方は、裏から(住宅地)行くと迷いますので、36号線沿いの三里塚神社「大鳥居」の隣には、札幌観光バス、ラーメン山嵐 清田店がありますので目印にして行くと迷わずに行けるのでおすすめします。

三里塚神社にも御朱印があります。無人社ですので、兼務社である豊平神社にて御朱印を頂くことができます。

御朱印巡りのルールとして、実際に神社へ行き参拝してから頂くのが「基本」となりますので、御朱印巡りをされている方は、三里塚神社で参拝後に豊平神社で御朱印を頂いてくださいね^^



スポンサードリンク

三里塚神社参拝レポ

三里塚神社の大鳥居です。

大鳥居の隣には社号標もあります。

平成6年9月吉日建立の社号標です。

隣には、ラーメン山嵐 清田店があります。

大鳥居をくぐり三里塚神社へ向かいます。

徒歩で数分の距離です。

三里塚神社は石段を上って社殿へ行きます。

急な階段ではないですし、距離も短く、手摺もあるのでお年寄りの方でも上れる石段になっています。

※左側には駐車場があり階段を上らずに社殿へ行くこともできます。

三里塚神社の第二鳥居の右側には、もう一つの社号標があります。

昭和27年9月建立。大鳥居の社号標よりも古い社号標になります。

鳥居をくぐると、三里塚神社の灯篭があります。

昭和50年11月、「清田地区開基百年記念」で奉納された灯篭です。

三里塚神社社殿向かって左手には、由緒の石碑があります。

平成12年9月に奉納されました。

その奥には手水舎があります。

三里塚神社は手水石が設置されています。

昭和3年11月10日、「御大典紀念」に奉納された手水石です。

手水は左側にある水道でするのでしょうか。

三里塚神社の狛犬さんです。

こちらは左側の狛犬さん。

こちらは右側の狛犬さん。

とても綺麗ですので、平成に奉献された狛犬さんでしょうね。

三里塚神社の社殿写真です。

三里塚神社の扁額(へんがく)写真です。

三里塚神社拝殿のお賽銭箱には蓋がされていますので、蓋を持ち上げてお賽銭を入れます。

三里塚神社社殿から後ろを振り返り撮影した写真です。

参道の距離は短いですが、綺麗に整備された境内ですので、参拝に来て良かったという気持ちになります。

三里塚神社の石碑

里塚小唄

三里塚神社の境内には、里塚小唄の歌碑があります。

後世に伝えることを願い平成21年に建立されました。

馬頭観音

三里塚神社社殿向かって左隣りに馬頭観音があります。

道路近くにありましたが、移動されたようですね。



スポンサードリンク

三里塚神社の歴史

神社名の「三里塚」は、里塚地域が札幌中心部より三里(約12km)の距離があったことから「三里塚」と呼ばれていた地域名を神社名とした。

明治23年(1890年)、田中重次郎氏が「三里塚」に入植した際に小祠を建てたのが三里塚神社の始まりとされる。

明治30年(1897年)、八幡大神(誉田別命)、大山祇神を守護神とし、三里塚北通りに「八幡神社」として奉斎し社殿造営。

現在地に移転したのは、明治38年(1905年)のこと。隣地には三里塚小学校の前進「簡易教育所」があった。

昭和29年(1954年)、神社名を「八幡神社」から「三里塚神社」に改称。

昭和39年(1964年)、明治30年から毎年8月15日を例祭日としていたが、町の発展に伴い、現社殿が改築造営すると同時に例祭日を9月15日に改め、倉稲魂神を合祀した。

平成9年(1997年)、「鎮座百年記念事業」として社殿建替造営をしている。

三里塚神社の御祭神とご利益

御祭神

・誉田別神(ほんだわけのかみ)(命・みこと)

家内安全、繁栄の守護

・大山祇神(おおやまつみのかみ)

五穀豊穣、山林の守護

・倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

商売繁昌、衣食住の守護

ご利益

・縁結び
・子宝
・安産
・子育ての守護
・農産、山林、鉱山業守護
・漁業、航海守護
・商工業の発展
・試験合格
・家庭平安
・厄除け
・商売繁盛
・産業興隆
・芸能上達
・家内安全
・五穀豊穣

など

三里塚神社のお祭り(例大祭)

三里塚神社は春と秋に大祭日があります。

春:5月10日

秋:9月15日

三里塚神社の例大祭は9月15日です。

・宵宮祭:9月14日
神事:午後17時30分~

・本祭(例大祭):9月15日
神事:午前10時~

カラオケ大会、子ども神輿町内巡行など、子供が楽しめるゲーム大会を開催します。

ドリンク、フランクフルトや焼き鳥などの出店もあります。

三里塚神社のどんど焼き

三里塚神社の境内にて、毎年1月15日にどんど焼きを行っています。

時間は午前9時~正午までとなっています。

三里塚神社の御朱印

三里塚神社の御朱印は本務社である「豊平神社」で頂けます。

初穂料は300円です。

お問い合わせ電話番号は「豊平神社」です。

☑011-811-1049

『豊平神社』御朱印は2種類から選べる。宮司さんの可愛い猫も居る神社

通常営業時間は9:00~17:00です。

皆さん、三里塚神社で参拝してから、豊平神社で御朱印を頂いています。

三里塚神社でのおみくじについて

三里塚神社は普段は無人社ですので、絵馬、おみくじ、お守り等を頂くことはできませんが、

お正月の初詣など、行事がある日にはおみくじを引くことができるみたいです。

三里塚神社の住所・アクセス・駐車場

■住所:〒004-0809 北海道札幌市清田区美しが丘1条9丁目2番1号

・ストリートビュー

■三里塚神社までの
アクセスはルート検索が便利です。

三里塚神社は36号線沿いに大鳥居があります。

札幌観光バス側の左側の道路からと、大鳥居の隣にあるラーメン山嵐 清田店の右側の道路を通り、三里塚神社まで行けます。

■駐車場

三里塚神社の駐車場は社殿向かって左側に入口があります。

無料駐車場です。

向かいには里塚町内会会館がありますが、無断駐車禁止です。

路駐をしている車も多くあります。

駐車場からも三里塚神社の社殿へ行けます。

まとめ

三里塚神社は無人社ですが、しっかりと管理されていて境内もとても綺麗です。参拝後に豊平神社で御朱印を頂いてくださいね^^



スポンサードリンク

『三里塚神社』御朱印あり・豊平神社が兼務する神社については以上になります。