スズキ ユーディミニ(FY50)の原付バイクに燃料フイルターを取り付けました。

バイクに燃料フイルターを取り付ける理由は、ガソリンタンク内の錆びや鉄くずをキャブレター側に流入しないようにする為です。

私の、原付バイクのガソリンタンクは元々錆で酷かったので、燃料フイルターは必要だなぁと感じました。

燃料フイルターには上下向きがあるので、これだけ間違わなければ簡単に取り付けできます。



スポンサードリンク

燃料フイルターの取り付け方

まず、燃料コックをOFFの状態にします。

ONのままだと、燃料ホースをカットした時に燃料が大量に出てきます。

また、OFFにして燃料ホースをカットした場合でも、ホース内に残っている燃料が漏れます。

私は、横着なので燃料ホースは繋いだまま、燃料フイルターを取り付ける位置を決めてハサミでカットしました。

燃料もちょびっと出てきました。

燃料ホースを繋いだままハサミでカットすると、ホースが斜めに切らさるので、平らにカットしました。

マグネット(磁石)燃料フイルターの向き

マグネット(磁石)燃料フイルターには向きがあります。

ガソリンタンク側にマグネット(磁石)が上になるように取り付けます。

燃料フイルターにもホースクリップを取り付け

燃料フイルターを取り付ける場合には、ホースクリップが2個必要になります。

ホースクリップ8mmでは入らなかったので、9mmに変更します。

今度はこの形のホースクリップにします。

ジョイフルエーケーでホースクリップを買うと、1個80円~100円ほどするので、ホームセンターより通販でバイクのホースクリップを買った方が安いですね。

燃料フイルターはガソリンも流れており、エンジンをかけてみましたが問題ありませんでした。

スケルトンボディだからガソリンの様子も分かります。



スポンサードリンク

原付バイクに燃料フイルターを取り付けた※向きがあるのでご注意については以上になります。